「得意」を伸ばしたお店づくり

切っている

日本酒

お肉切っている

お肉

盛り付け

串

盛り付け②

スイーツ

煮込み

お魚

  • インタビュー
  • インタビュー
  • インタビュー
  • インタビュー
  • インタビュー

Close

  • その日によって変わる日本酒、
    お肉と一緒に楽しんでいただきたいから。

    スタッフさん1インタビュー

    日本酒担当AOKI
    入社3年目

    松本駅前店で人気の日本酒は、
    日によって品ぞろえが変わります。
    長野の地酒をはじめ、
    定番のものから少しレアなものまで
    置いてあります。

    基本的に店舗のことは店舗にまかせて
    くれるので、こんなものはどうかなという
    提案が取り入れてもらいやすい環境にあり、
    色々と試行錯誤しながら、お客様に
    喜んでもらえるよう日々考えています。

    スタッフさん1調理シーン

    僕は、日本酒もそうですが、
    お肉についても勉強中です。
    松本駅前店では、お肉の原価ウリが
    看板メニューなので、お酒との
    美味しい組み合わせなども
    研究していきます。

    うちのお店は本当にスタッフが仲が良く、
    チームワーク抜群です。
    忙しい時こそ助け合い、とても働きやすいです。

    これからも、お客様に喜んでいただけるよう
    色々なことにチャレンジしていきたいです。

  • 大きな塊で届いた上質なお肉をさばきながら
    お客様が喜んでくださるのが目に浮かぶ

    スタッフさん3インタビュー

    モモセ精肉店 伊勢町店
    店長
    お肉担当HIRABAYASHI

    当店のお肉は、高級焼肉屋さんで
    使われている上質なものと同じで、
    それを原価でお出ししています。

    素晴らしいサシの入ったお肉を
    さばいている時は、お客様が喜んで
    食べてくれるのを想像して
    とてもうれしく楽しくなる時間です。

    スタッフさん1調理シーン

    部位によって違うお肉の
    食感や味、合わせるワインなども
    考えながら調理場に立っています。

    お肉だけではなく、季節の素材を
    使い、メニューなども開発します。

    社長からもらう題材やテーマに合わせ
    お店らしさや、お客様に喜んでもらえる味付けや
    調理法を考えながら、試行錯誤しています。

    伊勢町店は女性が多いので、
    常連さんの顔を思い浮かべながら
    どんな風にしたら良いかをスタッフと
    話し合いながら考えています。

  • 素材、串打ち、焼き台、で変わる串の奥深さ。お客様の「美味しいね!」が聞きたくて。

    スタッフさん5調理シーン

    モモセ精肉店 松本駅前店
    店長
    串担当MIYAHARA
    入社7年目

    入社して2年とちょっとで店長を
    任せてもらうようになりました。
    今、松本駅前店の店長をやりながら、
    業務全般はもちろん、
    特に串を重点的に担当しています。

    素材はもちろん、串うち、焼き台
    ひとつでも味が変わる串。
    こっちの焼き台の方が美味しくやけると、
    社長に交渉をし、今の焼き台を入れてもらいました。

    スタッフさん3調理シーン

    そのくらい、お店のことを任せてもらえる
    環境の中で、お客様に《美味しいね》と
    喜んで頂けることが、やりがいになっています

    うちの会社は社長が時代に合わせた方向性を
    嗅ぎつける力が凄く、そして実行力があるので
    色々な事が勉強になります。

    飲食店はきびしいとかつらいとかいうイメージが
    ありますが、うちはコンプライアンスも
    しっかりとしていて、その中でかけがえのない
    経験が出来るのが強みだと思います。

    いつかは独立して自分のお店を持つのが夢です。
    今の「まかせてもらえる環境」の中でしっかりと
    力を身に付けていけたらと思います。

  • 自分でレシピを考えたスイーツ目当てに
    通ってくれるお客様が出来た。

    スタッフさん4インタビュー


    スイーツ担当TAKIZAWA

    元々アルバイトをしていて、
    昨年の4月から正社員として働くように
    なりました。

    手作りスイーツを担当するようになり、
    カタラーナをレシピから考えました。

    分量を細かく変えたり、温度調節や
    盛り付けなどどうしたらお客様に
    喜んでもらえるかを考えながら

    スタッフさん4調理シーン

    何度も何度も失敗しては作り直し、
    今のレシピに辿り着きました。

    このカタラーナを気に入ってくださって
    ご来店いただくお客様が出来た時は
    本当にうれしかったです。

    これからもどんどんそんなメニューを
    増やしていって、喜んでくれるお客様の
    顔が見たいです。

    顔なじみの常連さんなどに声をかけて
    もらったりすると、とてもうれしく
    やりがいを感じます。

  • 前職の経験を生かして作るカルパッチョ。
    お客様が喜んでくれることが本当にうれしい。


    スタッフさん5インタビュー

    お魚担当HAZAMA
    入社1年目

    元々はイタリアンでシェフをやっていました。
    ここに決めたのは色々なことがやれる
    環境だったからです。
    あと社長がおもしろかったので(笑)。

    今は主にお魚を担当していて、
    お造りはもちろん、前職の経験を生かして
    カルパッチョなどを作っています。

    スタッフさん5調理シーン

    静岡駿河湾から直送の
    朝〆で抜群に鮮度の良いお魚が入ってきますので
    それをさばいたりもしています。

    これからも少しずつ経験を積みながら
    よりお魚の幅を広げていき、お客様に
    喜んでいただきたいと思います。

    また、福利厚生もしっかりしているので
    無理なく安心して、好きな料理
    に打ち込むことができます。

    カウンター越しにお客様とお話を
    するのもとても楽しくやりがいを
    感じています。

最上部へ